お知らせNEWS

外壁塗装のタイミング

  • 2020.5.28
  • 社員ブログ

こんにちは!奈良県橿原市の外壁屋根塗装専門店の飛鳥美建です。

本日も橿原市にて現地調査を行っておりました!少し状況をご報告させて頂きます。

外壁経年劣化によるチョーキング

外壁色褪せ

外壁クラック ※クラックとはヒビ割れです。

ちなみに0.3㎜以下=ヘアークラック・0.3㎜以上=構造クラックといいます。

外壁クラック

ご覧のように外壁の表面は経年劣化により塗膜の防水性が低下し、数多くのクラックも確認できました。

建物や、使用されている材料には、それぞれ耐用年数があり、その年数を過ぎると劣化症状が現れてきます。症状が出たにも関わらず放置すると建物の外側だけではなく、次は内部にまで二次被害が及ぶ可能性がありますので、適切なタイミングで修繕などの対応が必要になってきます。外壁塗装のタイミングの目安としては、一般的には新築や、以前のリフォームから10年~15年と言われております。しかし立地環境や、工事をした施工店、使用材料により目安より早く劣化が進んでいるケースもございます。当然逆で長く良い状態を維持している場合もあります!ですので、新築やリフォームから8年くらい過ぎているお宅の皆様は、少しづつ気にして定期的に確認する事をお勧め致します。そこで、もし少しでも気になる事が見られましたら、専門の業者に一度ご相談してみて下さい。現在は、塗料も凄く進化しておりますので、様々な良い対応ができると思います!

外壁塗装、屋根塗装、防水工事、雨漏り修理に関してお悩みやご検討されてる方は、ご相談だけでも構いませんので、是非一度、飛鳥美建にお問合せ下さい。

前の画面に戻る

  • 飛鳥美建のお約束

    当社は無理な工事のお勧めや営業は一切いたしません。皆様が後々、決して後悔しない為に一度ご相談ください。塗装工事の場合、もし失敗したら最低10年間は取り返しがつきません。お見積りやご相談だけでも構いません。家のお悩み・塗装のお悩みご一緒に解決いたします。お気軽にお問い合わせください。
  • 一級塗装技能士の認定証

    一級塗装技能士による施工

    一級塗装技能士は国家資格「塗装技能士」における最上位の資格です。当社は技能検定の実技試験と学科試験の両方の試験に合格しております。